髭剃り負けはオロナインが効く

今や男性でもお肌の手入れやスキンケアは、若い世代を中心に常識になりつつあります。

 

人は第一印象が大切だということで、ヒゲのケアも大切なルーティ−ンワ−クのひとつになります。

 

ヒゲを剃る際に、カミソリは簡単に使えて価格も安く非常に有益ではありますが、特に肌が弱いなど人によっては「カミソリ負け」をしてしまうということがあります。

 

カミソリ負けとは剃った後にヒリヒリとした痛みが発生したり肌に赤いブツブツができて痛むことですが、印象を良くしようとして行ったことで却って肌を傷めてしまうことがあるので注意が必要です。
カミソリ負けしてしまった際におすすめなのがオロナイン軟膏です。

 

オロナインはほとんどの家庭で常備している確率が高い上に、家庭になくてもドラッグストア等ですぐに購入が可能です。

 

効能や効果はすり傷やあかぎれ、軽いやけど等ですが殺菌作用があるため、カミソリ負けにも十分な効果が得られます。

 

カミソリでヒゲを剃った後にヒリヒリとするにもかかわらず、スキンケアのつもりで化粧水をつけるという人がいますが、化粧水は医薬品ではないので、この場合はつけない方が良いでしょう。

 

ちょっとしたカミソリ負けとはいえ、立派な切り傷であることには変わりありません。

 

そんな肌に化粧水をはたいてしまったら、雑菌が繁殖して更なるダメ−ジを与えないとも限りません。

 

その点オロナインの成分には、ラウロマクロゴールや硫酸アルミニウムカリウムといったものが含まれています。

 

ラウロマクロゴールは止血薬ですし、硫酸アルミニウムカリウムには肌を引き締める効果があります。

 

またオロナインは十分な保湿効果もあることがわかっているので、安心して使用することが出来るはずです。

 

オロナインは昔からある軟膏のひとつですが、長い年月の間に改良が繰り返されています。

 

カミソリの傷は小さくても放っておいたり間違った手当をすると症状が悪化してしまうこともあります。

 

ヒゲを剃った後にヒリヒリとした痛みを感じたら、まずは家の救急箱にオロナインがないかチェックしてみてはいかがでしょうか。

最終的にはヒゲ脱毛しかない

髭剃り負けは、誰でもあります。

 

今は大丈夫でも、毎日肌を削っているわけですから、いつかはそうなることが多いです。

 

これを解決するには、髭剃りをやめることしかありません。

 

ヒゲ剃りをやめるには、ヒゲ脱毛をするしかありません。

 

お金と時間はかかりますが、完全にヒゲ脱毛ができ他時には、それはそれはとてもそれまでに考えられなかった爽快感が生まれます。

 

ヒゲ脱毛をしたことを忘れて、髭剃りをしないで家を出てしまったと一瞬青くなるほど、

 

男性には髭剃りという日課が身についていますが、それから解放されるのはとても素晴らしいですよ。