メディオスターNeXTPROが少しだけ脱毛の痛みが抑えられる理由

 

剛毛を効率的にツルツルにしていくにはプロに脱毛してもらうしかありません。

 

自分で家庭用脱毛器を使っている方も少なくありませんが、パワーが弱いため剛毛に対しては満足できる効果を実感することは難しくなるケースが多いです。

 

その点、クリニックやサロンで使われている業務用の脱毛機器なら男性の剛毛でも効果を実感しやすくなります。

 

サロンの光脱毛は痛みを感じにくい点がメリットといえます。

 

クリニックのレーザー脱毛で辛い経験をした方でも安心して施術を受けることができるでしょう。

 

しかし、その分効果が弱くなるため剛毛を確実に脱毛していくにはかなりの期間を要する可能性が高くなります。

 

サロンは比較的費用が安い場合が多いですが、剛毛をしっかりと脱毛できないのでは意味がありません。

 

剛毛のコンプレックスを解消したい場合はクリニックで医療レーザー脱毛施術を受けた方が確実といえます。

 

医療レーザー脱毛は男性にとって最も効果が期待できる施術といえますが、レーザーは黒い毛に反応するため濃くて太いムダ毛に施術した場合は痛みが強くなるおそれがあります。

 

ムダ毛が薄くなるまでは強い痛みに耐えながら施術を受けていくことになるでしょう。

 

そのため表面麻酔や笑気ガスなどで痛みを和らげながら施術する必要性が出てくる場合も少なくありません。

 

現在、新しい医療脱毛施術として注目されているのは蓄熱式の脱毛施術です。

 

毛根部にダメージを与えていく従来のレーザー脱毛とは違い、ムダ毛のバルジといわれる領域にダメージを与えていく施術です。

 

蓄熱式を採用しているクリニックで施術を受ければ、比較的楽に脱毛していくことができるでしょう。

 

この蓄熱式脱毛ができる脱毛機器としてメディオスターNextPROが挙げられます。

 

現在も採用するクリニックが増えているので、濃い髭や体毛に悩んでいる男性は、このメディオスターNeXTPROが導入されているクリニックがいいでしょう。

 

ただし、従来の脱毛機、アレクサンドライトレーザーやダイオードレーザー、YAGレーザーなどに比べると、ヒゲの脱毛効果は落ちるようです。

 

そのためメンズリゼでは、ヒゲ脱毛には使っていません。

 

使っているクリニックでも、ヒゲが濃く密に生えているところから減らしていくのに使用して、ヒゲが減ったら、YAGレーザーを使って仕上げの脱毛をするというような使い方をしているところもあります。

 

出力が低くても脱毛効果が上がりますが、その分強いヒゲでは脱毛仕切れないものもあるのではないかと感じます。