婚活ブームについて思うこと

TVのタイトルから婚活という言葉がブームになったきがしますが・・・

 

婚活詐欺ということばも最近ニュースで飛び交うようになりましたね。

 

「婚活」ブームに乗って業績を伸ばしているのは、やはり結婚相談所とかになるのかな?

 

でも、結婚相談所っていうか、そういう恋人を探している人が登録して出会う感じの会社って、婚活ブーム以前から増えていたように思うけどね。

 

さらに婚活ブームを追い風にして儲けているってことなのかな。

 

花嫁修業の定番である料理学校なども、婚活ブームを活用することで生徒を増やしているのかもしれません。

 

さらに、このように婚活というものがブームになると新しいサービスも登場するから、それはそれでいいことなのかもしれませんね。

 

その料理学校で言えば、料理教室を出会いの場にして婚カツを後押しするケースもあるようですし、婚活合コンというものもあるようです。

 

また、ゴルフスクールやテニススクールがコンカツ場所としてサービスを提供していることもあるようです。

 

「婚活」って、結局、恋人を見つけるための活動ってことなんだと思うんだけど、ただの恋人探しとは少し違うわけか。

 

結婚を前提にした相手探しということになるんだろうね。

 

ということは、婚活パーティーとか結婚相談所に登録するとかってことになるのでしょうか?

 

インターネットでの婚活とかもありそうだね。出会い系婚活ってか。

 

友人に紹介してもらうとかも多いのかもね。

 

でもコレって、婚活といわざわざ言わなくても、昔からみんながやってきたことなんじゃないの?

 

結局、マスコミやメディアにいいように乗せられているのかもしれないよね。

 

婚活ブームって騒げば経済的にも潤う業界が増えるんだろうしね。

 

婚活ブームに乗って、新しいサービスを企画して提供するようになった企業は多そうだしね。